暁月のフィナーレ プレイ日記8日目

暁月のフィナーレ プレイ日記

【ご注意】:暁月の終焉(フィナーレ)のゲーム内容のネタバレがあります

      見たくないという方はブラウザバックでお願い致します

前回のお話はこちらからどうぞ→暁月のフィナーレ プレイ日記7日目

新エリアに入る時のわくわくした感じはいつも良いものですね

雪景色が好きなので、このエリアは早く行きたいと思っていたんです

そんなわくわくとした感情とは逆に

ストーリーはだんだん辛くなっていくなと感じていました

流れる音楽も何だかこの吹雪のように、どことなく寂し気で

ガレマルドにいる人たちは大丈夫なんでしょうか

戦闘があるとは思っていたけど、簡単にはガレマルドに入らせてくれませんよね

ここからは、自分がサンクレッドになって活動することに

いつも思うのが、サンクレッドならガンブレイカーを少しでも触っておけば良かったなって

漆黒の時にも思ったのですが

今回は事前に使用出来るアクションのチュートリアルがあって、分かりやすくて良かったです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: finale8-battle2.jpg

SS撮りたくなりますよね~というわけで1枚

サンクレッドカッコいい!グルポが使えなかったのが残念w

ここは結構苦戦しました

こういうの苦手なんですよ~もうクイズといい私には苦手なものばかりで

何回も敵に感知されまして

1回でクリアは出来ましたが、死にかけました(;’∀’)

カッコよくサンクレッドがセリフを言ってますけど、中の人はHPが減ってひやひやしていました

ヤ・シュトラとの約束通り、爆破装置を起動して派手に壊してやりましたよ~!

任務完了です

一方その頃・・って感じで、場面は切り替わり

何だか暁月ではアリゼーと一緒に行動することが多くて嬉しくなります

吹雪も止んで静かに進んでいたのに

敵が奇襲をかけてきた・・!!

こんなに混戦になるのは久しぶりで、ちょっと焦りましたけど頑張る

白魔メインで戦っていた時は、率先してみんなを回復してたんだけど

今回はタンクで参加していますから、とにかくタゲを取りつつ敵を殴り続けていました

突進してきた敵の機械を止めた!リムサの人達、カッコいい!!

シカルド、後方は任せたよ!前にいる本隊に合流してくるね

このシーン、一瞬で終わるんですけど

二人のやりとりがカッコよくて、好きなシーンなので残します

ヤ・シュトラ素敵です

エスティニアンがまた良い顔したんですよ、年長組が年下たちを見守る気持ちが伝わってきて感動しました

リセ、お待たせ!

ここでの戦闘は演出が良くて好きでした

後方支援に回っていた英雄が前に前に進んでいく

本隊を守る為にみんなが協力しあって、それぞれの持ち場で戦っていく

何気ない戦闘かもしれませんが、みんなのセリフと雰囲気に一人感動しっぱなしでした

ま、眩しい・・・w

最後はサドゥさんが全部美味しいところを持っていったみたいな展開でしたがw

激しい戦闘でした、長かった・・みんな、わたしお疲れ様

やっと入れましたよ、ガレマルドに

忘れていたけどルキアがここの拠点に名前をつけたとか

名前がないと行動するときに困るっていうことでこの土地に命名するんだけど

こういった決め事もまとめないといけなくて、リーダーは大変ですね

なんてすぐこういうこと考えてしまいます

ヤ・シュトラは目が見えない分、色んなことを感じ取っているのかなと思います

こんな風に語るヤ・シュトラは珍しくないですか、少し心配になりました

やっとたどり着いたと思ってほっとしたのも束の間、この2つの目的を果たすために

ここに来たんだよね

こんなに頼りになる人選はないよね

サンクレッドがほんと頼もしくて嬉しくなります

ここ、この時の選択がなければ・・と今見ても思います

辛い思いをすることになるけどこの時は私たちが適任だったんだろうね

拠点にはたくさんの見知った仲間がいて嬉しかったです

過酷な状況だからこそまた絆が深まるだろうし、みんなそれぞれに役目を背負って頑張ってる

得意なことを活かしている、ほんとに頼もしい仲間たちです

ギドゥロさんは、ジョブクエで見かけた時からなんだか印象深くて

見つけた時は嬉しくなりました

掴みどころのない雰囲気に何だか惹かれます

一面雪景色で・・ここに人がいるとか到底想像がつきませんが

生き残っている人がいればいいんだけど

このエリアの夜のBGMがとても切なくて

寒さをより一層感じることが出来るような雰囲気で、辺り一面永遠と雪景色しかない見えない

人がほんとにいない・・子供の頃迷子になった時に

急に湧き上がる孤独感のようなものを感じて泣きそうになりました

暁月の音楽ほんと良いですね、その土地のその世界に引き込まれます

エマネランが望遠鏡で見つけてくれたこの女の子の後をつけることになって

隠れながらこっそりついて行くこのクエスト

途中通り道に敵がいたりして、少し大変でしたけど・・話すことが出来てよかった!

かなり怯えているように見えて、こんな状況で知らない人と話すのは怖いですよね

警戒するよね・・私たちが心を開いていても

相手がそうなるとは限らない

この時は何を考えているのかも分からないし、ただ助けたい思いでいっぱいだったけど・・

なんだか隠していることがあるようで・・

ここ、このエリアこんなに雨が降りますか・・!こんなに降られると辛いんですけど

何だか雲行きが怪しく暗くなってきて

ラジオだ~、なんだか馴染みがなくて驚きましたが

ガレマルドにはラジオがあるんだ

音楽が・・少し怖い感じがして、悪天候も相まって雰囲気が悲しすぎます

え・・怖い・・・そんなことってある・・ヴァリス帝はもう・・

リキニアの依頼で青燐水を分けてもらう為に、タッパーズデンという所へ向かうことに

入口にいた人たちに襲われたのもそうだけど

ここに住む人たちからの情報は、少し驚くことばかりで

祖国を思いながらも青燐水を供給する為に身につけた技術を活かして

ここに留まることを決めている人や、帝国が無くなるかもしれない話

そう言えば帝国のことは、ほとんど何も知らなくて、ここに集められた人たちは

ギラバニア、ヤンサ、ボズヤ、ダルマスカ、色んな地域から集められた人たちとかで

ガレマルドのことが少し分かって、色々と考えてしまいました

こうやってここに住んでいる人たちと触れ合うごとに現状もそうだけど深刻さが伝わってきて

アリゼーも言ってたけど「派遣団がどれだけ手を貸しても、元の形に戻ることはない」と

ここまで国が壊滅的な状況だと再建とか難しそうですよね・・

帝国が無くなるかもしれないとか考えたこともなかったです

それにしても、ここにいる人たちはリキニアたちのことは、あまり良く思ってないようで

リキニアには病気の妹もいるとか、何だかリキニアとの話がかみ合わなくて・・

臣の褒賞に戻ってみると、アルフィノが・・!ええ・・!

心配していたことが起きて・・

分かってる、頭では分かりたいと思ってるだけど、気持ちが追い付かなかったです

とにかく助けたい一心なのに、ここにいる人たちに何もかもが伝わらない

こういう状況下では仕方ないと思うしかないのでしょうか・・

そして、こんな結末になるなんて・・

何も出来ないことがこんなにもつらいなんて、どうして二人は死なないといけなかった

アリゼーいつも辛い思いをしてるよね

涙が・・ここは一緒に泣きました、泣くことしかできない・・

ごめんねアリゼーごめんねアルフィノ、何だか謝りたい気持ちになりました

ただただ泣きました

ほんの数時間の出来事で、人は死んで

アルフィノとアリゼー二人がつらい目に遭ったことも悲しくなったし

これから重いものを背負っていくつらさとかを考えると・・

ここでの出来事がこんな風に心をえぐるように突き刺さって

生きるって何なんだろうって考えてしまうシーンでした

この国に生きることは過酷すぎて想像も及ばない世界・・

私には無い世界、悲しい、悲しすぎる、すいませんこれ以上言葉が見つかりません

このシーンのあと、メインクエストを進めるのが少しつらくなってしまって

かなり気が重くなっていたことを思い出します

拠点に戻ると新たな出会いが

侵略者か・・ってそんな言い方、違うよ違うから

ユルスとルキアのやりとりがまた切なくて、ユルスは切迫した状況でここに盗みに入ったんですが

ルキアは「押しつけでもいい、奪ってやったと思ってもらってもいい」と言って

ユルスの状況を案じて何か必要なものがないかと提案するんです

ルキア自身も過去に色々とあってそれでもここまで乗り越えてきて同じガレアン人だし

ユルスの心情を一番分かる一人だよねって

また一人で感動しちゃいました・・

ユルスからの指示で上官と話しをする為に、3人選べというところで

二人が顔を見合わせて、迷うことなく志願するんです、自分たちが行こうと

二人は強すぎるよ、人を思う気持ちが強くて何か力になれないかって

わたしならここまで強くなれないよ、心が折れてしまう、本当にすごいよ

ユルスがいた拠点へ向かうことに

道中はユルスのかつての同胞だった人たち、テロフォロイのテンパードになった人たちとの戦いがあったり

アルフィノがユルスにテンパード化が解けるかもしれないと話すんだけど

ユルスは洗脳だろうと拒否するんですよね

テンパード化した人たちの状況を一番身近に見てきたのはユルスだろうし

状況が過酷すぎて、ここでの出来事は胸を締め付けられるようなことばかりで、だめですね・・

画面もグレー1色の世界で暗くて

メンタルが弱い私は辛い部分ばかりに引き込まれてしまって状況をお話を把握するのに必死でした

こんなところに、地下鉄の駅が

エーテライトはあるけれど使用は出来なくなっていて

見るからに寒そうなところで・・ここからまたどんな展開になっていくのかな

なんて考えながら少し脱力してここにいる人たちに話かけて

ゆっくりSSを撮っていました

誰も何も答えないんですけどね・・当たり前か

最後に

2月下旬に私たちのいる世界で戦争が始まりました

自分が生きているうちにこんなことに遭遇するなんてかなりショックでした

何も出来ない自分

ちょうどこのお話と現実世界がリンクするように見えて書いていて辛いブログになりました

世界の平和を祈ります

祈ることしか出来ないけれど、早くこの辛い状況が終わりますように

ここまで読んでくださって、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました